• ホーム
  • マンガで分かる心療内科と老化の関係

マンガで分かる心療内科と老化の関係

2020年02月22日

最近、あるクリニックの公式サイトで紹介されていたマンガで分かる心療内科が話題になっています。
マンガで分かる心療内科は、アニメにもなっていて、たくさんのファンがいます。
5分程度で視聴可能なので、医療に興味がある人や、精神的な悩みがある人におすすめです。
面白い描写も多く、難しい言葉なども出てこないので、誰でも気軽に楽しめます。
みなさんは、夜に眠れなかったり、寝つきが悪かったりと睡眠で悩んだことはありませんか。
実は、老化が関係していることがあるのです。
マンガで分かる心療内科では、睡眠薬を毎日飲んでいたのに全く効かない患者についての説明がされていました。
睡眠薬を飲んでいても、眠れない人は老化が進んでいる可能性があります。
年を取るにつれて、体内時計が狂ってしまいます。
若い頃は、朝に日光を浴びるだけで体内で時間を感知していました。
しかし、老化していると今何時なのかすら理解できなくなるのです。
精神科では、睡眠薬の種類を変えたり、量を増やして解決しようとする医師がいます。
それは、あまり実績や経験を積んでいない若い医師に多く、睡眠薬で副作用を起こしてしまう患者もいます。
マンガで分かる心療内科では、夜眠ることができない高齢者のために、生活習慣の改善を求めていました。
睡眠障害がある人のほとんどが、運動不足や栄養を摂取していません。
偏食がちの現代社会において、野菜を摂る習慣がない人がほとんどです。
忙しいサラリーマンやOLには、サプリメントが一番手っ取り早いでしょう。
休憩や通学の合間にも、5秒あれば栄養を摂取できます。
しかし、飲み合わせが大事なので、睡眠薬を処方してくれるクリニックに一度相談しておきましょう。